しみを消す方法について

しみを消す方法…皮膚科でのレーザー治療やハイドロキノン、ビタミンC誘導体などがあるなかでどんな方法がしみケアによいのか?
スポンサードリンク


医療レベルの技術を応用したハイドロキノンコスメを・・・
今スグに見る→ビバリーヒルズ発のシミくすみケア術

しみを消す方法

しみを消す方法...さまざまな方法があります。
皮膚科でレーザー治療などをうけて消す...そんな方法も選択肢のひとつですが、「皮膚科に通ってまで...:-)」と思う人も多いと思います。
そこで、自宅で普通にできるお手入れなど、もっと日常的なしみ対策についてここでは記述しましょう。
まず、「YAHOO!知恵袋」での「しみを消す方法を教えて下さい」という質問を見てみましょう。
その「しみを消す方法を教えて下さい」という質問に対しては、つぎのような回答がベストアンサーに選ばれていました。
ちょっと長いですが、引用します。

(引用...ここから)
一番効果の高いハイドロキノン配合の化粧品がいいと思います。 ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きのある成分で「肌の漂白剤」とも言われる強力な作用を持っています。強い作用のあるハイドロキノンは、アレルギーや炎症を起こす可能性があることから(以前は医療用で用いられていましたが、近年)日本でも薬事法の改定に伴い、市販化粧品に使う成分として認めらるようになりました。 そして、ハイドロキノンはメラニンを生産する酵素の活性や合成を抑えるだけでなく、高濃度を長期に使用した場合にはメラニンを作る細胞を破壊して、逆に肌を白くしすぎてしまうという可能性もありますし、ハイドロキノン配合の化粧品を使用する場合は、紫外線に最も注意が必要です。(夜のみの使用にするか、朝の使用時には必ず日焼け止めを塗って下さい) 「ドクターシーラボ HC-119」は有名です。 副作用の懸念もあるので安全性重視であるなら、肌の新陳代謝を促し、美白ケアを根気強く行い、体の内側からもメラニン生成に効果のあるビタミンC+Lシステイン配合のサプリを撮るなどのケアをされるといいと思います。
(引用...ここまで) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1230793122
※括弧くくりの下線部は当サイトが補足した文です。

この「しみを消す方法を教えて下さい」ついてのベストアンサーでは、ハイドロキノン配合の化粧品がすすめられています。
そして、その例として「ドクターシーラボ HC-119」が挙げられていますが、この他にも評判のよいハイドロキノン化粧品もたくさんあります。
なかでも評価が高いのが、ハイドロキノンなどの成分を皮膚の深いところまで届ける浸透技術を用いたビーグレンです。
どれだけハイドロキノンを高配合したとしても、皮膚の中まで届かなければ意味がありません。その点、アメリカ発・ビーグレンの独自の浸透技術は特許を持つ優秀なものです。

濃くなったシミを薄くする成分としては、現在ハイドロキノン以上に効果的なものはありません

詳細を見てみる→【国際特許の浸透パワー】ビバリーヒルズ・セレブの秘密

毛穴の黒ずみのケア

「YAHOO!知恵袋」での「しみを消す方法を教えて下さい」という質問。
それについてのベストアンサーでは、ハイドロキノン化粧品の他にも、「しみを消す方法」が回答されています。

(引用...ここから)

毛穴の黒ずみのケアですが、定期的(週に1・2回程度)に肌の状態をみながら、化粧をされていない方なので洗顔の前に蒸しタオルを使って毛穴を十分に開かせます。その後に、角質ケアであるスクラブや酵素パウダーを使ってやさしく洗顔をしてみて下さい。(いつもの洗顔料に替えて)その後に、収れん化粧水でテカリの気になる部位を十分にパッティングをして毛穴を引き締めるケアを行う事です。
毛穴の黒ずみは皮脂が排出されずに詰まり、それが紫外線などの影響を受けて酸化してしまって黒ずみになってしまうのです。
定期的な角質ケアを行う事で毛穴に皮脂が溜りにくい肌環境を整えていく必要があります。
毛穴パックは、手軽にごっそり取れるのが人気のようですが、無理に角質を剥ぎ取ってしまい肌にもダメージが起こり、頻繁に行う事で結果的に毛穴を大きくしてしまう可能性があるのであまりお勧めできませんが、スッキリさせたい場合には月に多くても2回程度にとどめ、パック後は必ず、収れん化粧水で毛穴を引き締めておいて下さい。

(引用...ここまで) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1230793122

これは、「しみ」というよりも、「毛穴の黒ずみ」についてのケアが主な記述になっていますが、それでも一般的なケアとして有効な方法が書かれています。
また、「毛穴の黒ずみ」がクリアになるだけでも、肌全体の印象が明るくなり、結果的にしみケアを行ったのと同様の効果が得られる場合もあるわけです。

毛穴のケアに関してもビーグレンでは、医療レベルのテクノロジーを用いたコスメによるケアを提唱しています。ビバリーヒルズのセレブの間で密かに広まったスキンケアの秘密は、日本人の毛穴開き、毛穴黒ずみなどにもヒットしそうです

ビーグレンの詳細を見る→【国際特許の浸透テクノロジー】毛穴開き・毛穴黒ずみケア


しみの原因や種類に応じた対応法

人の顔や皮膚の上にできる色素班を「しみ」と呼びますが、その原因はさまざまです。
そして、ひとつの方法がすべてのしみに効果的であるとは限りません。
たとえば、皮膚科で行われるレーザー治療は以下のしみには効果があると言われます。

●老人性色素斑(日光黒子)
●ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
●そばかす(雀卵斑)

しかし、優れた治療法であるレーザーも以下のしみには効果がありません。

●炎症性色素沈着
●肝斑(かんぱん)

さて、ハイドロキノンはどうでしょう。
もともと、ハイドロキノンは皮膚科でも治療で使われてきました。
それが今では、化粧品にも配合されるようになり、ハイドロキノン配合化粧品は家庭でも手軽に使えるようになっています。
化粧品ですから、それが肝斑(かんぱん)に効果があると言うことはできません。
ただ、ハイドロキノンが配合されている、ということでなんらかの効果を期待して使う人も少なくないようです。

ハイドロキノン化粧品もたくさんあります。
なかでも評価が高いのが、ハイドロキノンなどの成分を皮膚の深いところまで届ける浸透技術を 用いたビーグレンです。
ビーグレンの優れた浸透力
どれだけハイドロキノンを高配合したとしても、皮膚の中まで届かなければ意味がありません。 その点、アメリカ発・ビーグレンの独自の浸透技術は特許を持つ優秀なものです。

詳細を見てみる→【国際特許の浸透パワー】ビバリーヒルズ・セレブの秘密




スポンサードリンク



▼▼医療レベルの技術を応用したハイドロキノンコスメはこちら▼▼
ビーグレン・究極の漂白成分ハイドロキノン化粧品

しみを消す方法カテゴリー項目一覧

かんぱん しみ

しみの原因や治療

しみを消す方法

プライバシーポリシー

IT用語