トップ > 2010年6月

しみを消す方法

しみを消す方法…皮膚科でのレーザー治療やハイドロキノン、ビタミンC誘導体などがあるなかでどんな方法がしみケアによいのか?

新着情報【2010年6月】

しみを消す方法...さまざまな方法があります。 皮膚科でレーザー治療などをうけて消す...そんな方法も選択肢のひとつですが、「皮膚科に通ってまで...:-)」と思う人も多いと思います。 そこで、自宅で普通にできるお手入れなど、もっと日常的なしみ対策についてここでは記述しましょう。 まず、「YAHOO...

しみを消す方法[2010年6月20日UP!]

「YAHOO!知恵袋」での「しみを消す方法を教えて下さい」という質問。それについてのベストアンサーでは、ハイドロキノン化粧品の他にも、「しみを消す方法」が回答されています。 (引用...ここから) 毛穴の黒ずみのケアですが、定期的(週に1・2回程度)に肌の状態をみながら、化粧をされていない方なので洗...

しみを消す方法[2010年6月20日UP!]

人の顔や皮膚の上にできる色素班を「しみ」と呼びますが、その原因はさまざまです。 そして、ひとつの方法がすべてのしみに効果的であるとは限りません。 たとえば、皮膚科で行われるレーザー治療は以下のしみには効果があると言われます。 ●老人性色素斑(日光黒子) ●ADM(後天性真皮メラノサイトーシス) ●そ...

しみを消す方法[2010年6月20日UP!]

しみ=人の顔や皮膚の上にできる色素班のことを一般的に「しみ」と呼ばれます。 しみがどのようにしてできるかですが、なんらなの原因によって、メラニン色素が皮膚に沈着することによって生じます。 たとえば、メラニン色素の沈着が、表皮など浅いところに沈着すると黒いしみになります。 また、真皮など深いところに沈...

しみの原因や治療[2010年6月20日UP!]

しみの治療は、皮膚科のクリニックなどで行うことができます。 治療方法としてよく知られているものでレーザー治療があります。 医療用のレーザー光線をしみに照射してその治療を行うもので、老人性色素斑(日光黒子)ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、そばかす(雀卵斑)には有効です。 しかしながら、肝斑(か...

しみの原因や治療[2010年6月20日UP!]

かんぱん=漢字で書くと、肝斑と書きます。 「かんぱん」という言葉は知っていても、「肝斑」と書ける人は少ないのではないでしょうか。 さて、肝斑(かんぱん)とは、皮膚にできる色素斑、いわゆる「しみ」の一種です。 なぜこういうふうに呼ばれるかというと、カタチが肝臓に似ている、ということで「肝斑(かんぱん)...

かんぱん しみ[2010年6月20日UP!]

かんぱん(肝斑)は、しみ(色素斑)の一種ではありますが、その原因は一般的なしみとは異なると考えられています。 一般的なしみの多くは紫外線によるものが多いのですが、かんぱん(肝斑)の原因はそうではありません。 むしろ、プロゲステロンなど、女性ホルモンの働きが影響しているのではないかと考えられています...

かんぱん しみ[2010年6月20日UP!]

 2010年8月

IT用語