スポンサードリンク


医療レベルの技術を応用したハイドロキノンコスメを・・・
今スグに見る→ビバリーヒルズ発のシミくすみケア術

しみの原因や種類に応じた対応法

人の顔や皮膚の上にできる色素班を「しみ」と呼びますが、その原因はさまざまです。
そして、ひとつの方法がすべてのしみに効果的であるとは限りません。
たとえば、皮膚科で行われるレーザー治療は以下のしみには効果があると言われます。

●老人性色素斑(日光黒子)
●ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
●そばかす(雀卵斑)

しかし、優れた治療法であるレーザーも以下のしみには効果がありません。

●炎症性色素沈着
●肝斑(かんぱん)

さて、ハイドロキノンはどうでしょう。
もともと、ハイドロキノンは皮膚科でも治療で使われてきました。
それが今では、化粧品にも配合されるようになり、ハイドロキノン配合化粧品は家庭でも手軽に使えるようになっています。
化粧品ですから、それが肝斑(かんぱん)に効果があると言うことはできません。
ただ、ハイドロキノンが配合されている、ということでなんらかの効果を期待して使う人も少なくないようです。

ハイドロキノン化粧品もたくさんあります。
なかでも評価が高いのが、ハイドロキノンなどの成分を皮膚の深いところまで届ける浸透技術を用いたビーグレンです。
ビーグレンの優れた浸透力
どれだけハイドロキノンを高配合したとしても、皮膚の中まで届かなければ意味がありません。その点、アメリカ発・ビーグレンの独自の浸透技術は特許を持つ優秀なものです。

詳細を見てみる→【国際特許の浸透パワー】ビバリーヒルズ・セレブの秘密

……この記事の全文をみる
しみを消す方法
しみを消す方法にはいろいろあり、しみの原因によってもその方法は違います。一般的な手段としてはハイドロキノン化粧品が手軽です。
スポンサードリンク



▼▼医療レベルの技術を応用したハイドロキノンコスメはこちら▼▼
ビーグレン・究極の漂白成分ハイドロキノン化粧品

前の記事 | 次の記事

ビーグレン・キャンペーン情報:トップ > しみを消す方法 > しみの原因や種類に応じた対応法

関連記事
IT用語