スポンサードリンク


医療レベルの技術を応用したハイドロキノンコスメを・・・
今スグに見る→ビバリーヒルズ発のシミくすみケア術

かんぱん(肝斑)はしみの一種。

かんぱん=漢字で書くと、肝斑と書きます。
「かんぱん」という言葉は知っていても、「肝斑」と書ける人は少ないのではないでしょうか。
さて、肝斑(かんぱん)とは、皮膚にできる色素斑、いわゆる「しみ」の一種です。
なぜこういうふうに呼ばれるかというと、カタチが肝臓に似ている、ということで「肝斑(かんぱん)」という名称がつきました。
しみ(色素班)としては境界線がはっきりしており、目の外側などにできやすいとされます。
そして、左右対称に生じることも知られています。
生じる場所は、目の外側のほか、下あごや上唇、鼻の下などにもできることがあります

……この記事の全文をみる
かんぱん しみ
かんぱん(肝斑)とはしみの一種ですが、紫外線が原因の一般的なしみとは発生メカニズムや治療方法がことなります。
スポンサードリンク



▼▼医療レベルの技術を応用したハイドロキノンコスメはこちら▼▼
ビーグレン・究極の漂白成分ハイドロキノン化粧品

前の記事 | 次の記事

ビーグレン・キャンペーン情報:トップ > かんぱん しみ > かんぱん(肝斑)はしみの一種。

関連記事
IT用語